大きいタラバガニは食べ応えもあっておいしい

大きいタラバガニは食べ応えもあっておいしい

 

冬になるとカニが店頭に良く並びます。私の家ではカニを鍋に入れたり、茹でてそのまま食べたりします。カニの中でも特においしくて好きなのがタラバガニです。

 

タラバガニはなんといっても大きいので、食べ応えがあります。普通のカニだと身をほじくってちょこちょこ食べますが、タラバガニは足も大きいので、身にかぶりつくようにして食べられます。

 

カニのおいしい味が口の中一杯に広がるので、とても満足感があります。私の家では年末やお正月の様な特別な日にタラバガニを食べることが多いです。

 

タラバガニは茹でてもおいしいですし、焼いてもおいしいです。私が好きなのは焼いたタラバガニです。焼くとタラバガニのおいしさが身に凝縮されます。片側の殻を切り取って、塩とお酒を少し足して焼くと、とてもジューシーになりおいしいです。タラバガニは体が大きいので、足一本でもとても食べ応えがあります。やはり豪快にカニの身を食べられるのは嬉しいです。